2010年3月31日 (水)

人工臓器、日本のギャップ

 22日の朝日新聞のGlobe(グローブ)に「人工臓器、日本のギャップ」というタイトルで最先端の医療の治療に使う機器の記事が載っていました。

[人工心臓]移植待機の日本人、ドイツで「難民化」の理由
[糖尿病治療、手術用ロボット]「10年尾年遅れ」というダバイス・ラグ
審査と承認、なぜヨーロッパが日米に先行するのか
[米ミネアポリス、独ベルリン]クラスターに集う産学が開発を加速
治療系機器、開発阻む「非協力」の壁
以上のようなサブタイトルが並んでいました。

 人工心臓では日本のテルモ社の人工心臓が世界的に優秀だそうです。ドイツでは人工心臓の主役だそうです。しかし開発会社のある日本では使えません。日本では国が使用を認可した人工心臓は国立循環器病センター型(国楯型)といわれる20年前に承認された旧式のもので、血栓ができやすく、1ヶ月以上はつけることはできないものです。ドイツでは心臓移植が間に合わない患者には一時的に人工心臓がつけられますが、安全性と耐久性に優れたテルモの人工心臓をつけるとしばらくは待てると判断されて移植の順番が下がりますが、国循型をつけると長期は危ないということで順番が上がるそうです。ドイツでテルモの人工心臓をつけた患者さんは長い間移植を待たされるので、いわゆる「難民化」してしまいます。
 人工臓器などの新しい医療機器が使えるようになるのは、欧州、米国、日本の順番になることが多いようです。これは医療機器の審査と承認の考え方の違いがあるからです。欧州では承認は民間の機関から得て、安全性は多くは動物実験で確認するだけです。米国は政府が承認しますが審査をするスタッフの層も厚く人数も多くいます。日本は審査するスタッフも専門家も少ないのが現状です。
 また日本では医療機器で事故が起きたときの責任追求と風評被害が大きいため、日本企業も開発には慎重になりやすく、良い器機を開発しても国内ではなく、海外で市場を求めることが多いようです。その結果、日本人は新しい医療機器を使える機会がなくなってきています。

 医療機器の開発には健常人や患者さんの協力が必要な臨床治験を必ず行わなければいけません。しかし日本では治験と言えば人体実験をされるような印象が強くて患者さんの理解を得るのが難しいのが現実です。この点も日本では新しい医療機器や新薬の開発が難しくしています。欧米では以前から治験のシステムが確立されており、新しい治療に自ら参加しようとする患者さんも多く、日本よりはるかに治験が行いやすい環境にあります。
 私は小児科医なので同じことをワクチンで感じています。先月から接種できるようになった肺炎球菌ワクチンの治験が一昨年前に行われました。今回認可された肺炎球菌ワクチンは10年前から世界約100ヵ国で使われているものですが、一昨年前に治験をしたワクチンはそれよりもさらに新しい世代のワクチンで、昨年米国で承認されたものでした。今、日本では肺炎球菌ワクチンの噂を聞いて、1回約1万円の接種費用にもかかわらず、接種希望の保護者が多くいらっしゃいます。しかし治験の時には医師がどんなにこのワクチンがよいワクチンか説明しても拒否されることもしばしばでした。
 新しい医療機器や薬を早く利用できるようになるには、行政の審査・承認の問題だけでなく、開発に対する国民の理解がなければ難しくなります。しかし医療への国民の理解は、医療側の国民への説明と理解と信頼を得る不断の努力がなければ培われないものでしょう。

| | コメント (0)

2010年2月28日 (日)

ジェネリック薬

 ひところ「お医者さんの薬代がジェネリック医薬品を使うと安くなります。」というテレビ広告が有名俳優を使ってよく流されていました。
 一つの薬の開発には莫大な費用(特に臨床試験のコストが巨大です)がかかります。そのため薬(先発薬)を開発した製薬会社には通常20年間は薬の特許権があり、他の製薬会社は同じ薬を勝手に製造・販売してはいけないことになっています。しかし特許が切れた後は他社は同じ内容の薬を製造・販売できるようになります。それが後発薬、ジェネリック薬です。ジェネリック薬には開発費や臨床試験の費用が少なくてすむため、薬の価格を低く抑えることができます。昨今はどこの国も医療費が毎年高騰しており、国の政策としてジェネリック薬を使うことを指導しています。
 先進国の中でも最も大きな財政赤字をかかえる日本では、医療費抑制のためにもジェネッリク薬の処方量が増えることは望ましいことと誰もが思っているでしょう。
 ところでジェネリック薬は最初の製薬会社が開発した先発薬とまったく同じものなのでしょうか。答えは否です。先発薬とジェネリック薬の主成分は同じです。しかし薬は主成分だけで出来ているわけではありません。製造方法や基材や添加剤は先発薬と異なることがあり、ジェネリック薬の中でもジェネリック薬の製薬会社毎に薬の内容が微妙に異なることがあります。先発薬とジェネリック薬はまったく同じ薬ではありません。そのため先発薬とジェネリック薬では実際に患者さんへ投薬した後の効果が異なるものもあります。 ジェネリック薬に対しては先発薬との「生物学的同等性試験」とうい試験を行い、効果が同じと判断されたものが発売されています。しかし「生物学的同等性試験」とはジェネリック医薬品と先発薬を同じ健康成人に期間を置いて交互に服用させて、その人の血液中の薬物の濃度の推移が同一であることを確認する試験です。この試験で 生物学的同等性が確認できれば、有効性と安全性が先発薬と同等であると国は判断するわけです。先発薬の試験に比べれば余にも簡単な試験で、このような試験でジェネリック薬の販売を許可するということは、国のジェネリック薬推進という政策を反映したものと思わざるをえません。
 また小児科では先発薬とジェネリック薬では薬の味がまったく異なることが問題になります。子どもは薬の味が悪いと飲んでくれません。ジェネリック薬の処方を考えるときは、その前に複数のジェネリック薬を実際に味見をしてみないととても処方ができません。
 欧米に比べて日本はジェネリック薬の処方量が少ないという理由で、厚労省も2年に一度の診療報酬改定の度に、ジェネリック薬の処方をしないと診療報酬が上がらないような(病院、診療所、調剤薬局の利益が上がらない)ような改定をしてきました。この春の改定では調剤薬局の全処方量の何割にジェネリック薬を使ったかで診療報酬にさらに差が出るような改定になっています。なぜ国はこのように圧力をかけてくるのか。医療費抑制のためだけでしょうか。世の中はそのような大儀だけで動いているはずがありません。国会議員の中にはジェネリック製薬会社と関係の深い議員もいるわけです。もちろん財務省も厚労省へ強い圧力をかけています。
 ジェネリック薬を使うことで薬局での支払が安くなることは患者さんにとってはよいことでしょう。しかしジェネリック薬ばかりになると先発薬を開発する製薬会社は売り上げが減少し新たな新薬の開発ができなくなります。日本の製薬会社の力が弱まればすぐに欧米の巨大製薬会社に飲み込まれてしまいます。欧米では製薬会社の合併・吸収が進み、北米大陸、ヨーロッパ大陸、イギリスに各1ないし2社の体制になってきています。日本の製薬会社も今後新薬の開発が滞れば欧米の会社に飲み込まれ、日本の民族系の製薬会社は消滅することになるでしょう。そうなれば欧米の製薬会社は日本に対して医薬品を高額に売りつけてくるでしょう。
 私はジェネリック薬の導入に反対とまではいいません、しかし安かろうだけが強調されているようなのが本当に良いのかも考えなくてはいけません。またジェネリック薬があたかも先発薬とまったく同じ薬で同じ効果があるように思わせるPRにも問題があると思います。
 先進国の中でも低い日本の総医療費なのに、さらに抑制しようとする国の施策のなかで、ジェネリック薬の奨励はどこまで国民の立場に立っているのでしょうか。ジェネリック薬の普及率や医療費抑制の数値目標ばかりが優先しているように思えてなりません。

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

あけましておめでとうございます

1月1日から糸島市が誕生しました。前原市、志摩町、二丈町が合併して新市となりました。人口は約10万人となります。合併にともない当院の住所がかわりました。
福岡県糸島市前原駅南2-21-18
となります。
糸島市誕生おめでとう!

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

この1年を振り返って

 今年の話題は何と言っても新型インフルエンザでしょう。年末になってようやく夏からの流行の第1派が終息しようとしています。国の対応の混乱、不安しか与えないマスメディアの報道、疲弊する行政と医療の現場、そして数千万の国民がこのウイルスに苦しめられました。皆さんはこの新しいウイルスによる病気の流行から何を学ばれたでしょうか。多くの人がパニックの対処について考えさせられたのではないでしょうか。ところでこのウイルスは来年からは何と呼ばれるのでしょうか。来年はもう新型インフルエンザではありません。どうもAメキシコではなくAカリフォルニアになるかもしれません。答えは来年に明らかになるでしょう。
 年末になり子宮頚がんワクチンの接種ができるようになりました。しかし価格が高すぎます。1回の接種が1万5千円以上し、それを3回接種する必要があります。春からは小児科医が待ち望んだ小児用肺炎球菌ワクチンの接種ができるようになります。秋からはフランスで日本向けのヒブワクチンが増産できるようです。これでまた日本のワクチンのレベルが、はるか先の世界のレベルに少しだけ近づくことができます。先月もブログに書きましたが、日本版ACIPの早い実現を望みます。
 今日は2009年最後の「本日の独り言」です。みなさん良い年をお迎えください。

| | コメント (0)

2009年3月31日 (火)

桜、サルの花粉症

 桜の開花が例年より早く、3月末で満開となってしまいました。クリニック近くの笹山公園の桜も一昨年はまったく花が咲かず心配しましたが、昨年と今年はいつもと変わりない花をみせてくれました。よく知られた話ですがソメイヨシノという桜は江戸時代末期に人工的に作られたものです。ソメイヨシノは自分の力で子孫を残せません。簡単に言うと実に種がありません。そのため全国のソメイヨシノは1本の木から接木で増やしてきました。そのためすべてのソメイヨシノはクローン体で遺伝子が同じです。そのため一斉に開花することができるわけです。ところでソメイヨシノの寿命は約60年くらいという話もあります。今、花見をしている桜の多くは終戦後に植えられたものが多く、そろそろ60年になります。でも本当に寿命は60年なのでしょうか。ワシントンのポトマック河畔の桜の花も今がみごろだとニュースで言っていました。この桜は1812年に当時の東京市長であった尾崎行雄が送ったものです。ということはもうすぐ100年にならんとしています。それならもうしばらくは年輪を重ねた桜をみることができるでしょう。
 花粉症の季節です。スギ花粉は減ってきていますが、ヒノキは飛んでいます、これからはイネ科植物の花粉に悩まされる人も多くなります。ところで日本ザルにも花粉症があるようです。サル山でクシュン・クシュンとくしゃみをして眼を真っ赤にはらしたサルがいます。ニホンザルの花粉症は1980年代後半には証明されていたようです。傍から見ていたらかわいそうで、薬をあげたいくらいです。
 明日から4月、新年度が始まります。花見も終わり、花粉症もピークを過ぎます。サルたちも楽になるでしょう。

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

小児科医、海を渡る 僕が世界の最貧国で見たこと

 これは本のタイトルです。筆者の黒岩宙司氏は海外青年協力隊で89年から2年間、アフリカのマラウイ共和国で小児科医として勤務し、帰国後は国際保健計画の専門家として、94年からラオスでのポリオ根絶事業に参画しました。
 この本の興味深いところは、経済的に貧しい国の小児医療の悲惨な現状を書き綴っているのではなく、欧米の経済先進国の援助が実は貧しい国に弊害をもたらしていることを、現場にいた者の目で生々しく書いていることです。たしかに90年前後のマラウイの小児病棟は悲惨です。1日3人から4人、毎月約100人の子どもがマラリアなどで死んでいき、彼らのほとんどは栄養失調で、感染症で顔に穴が開いている子も多いのです。日本では診られない狂犬病で死んでいく子どもいます。筆者は、最初は現状に愕然とし次は必死に子どもたちを救うために働きますが、あまりにも多くのそして日常的な死に、自分が麻痺していったことも正直に書いています。
 後日、西日本新聞社のインタビューで筆者は言っています。
清潔な食べ物や飲み物すら行き渡らない中で、 コーラ飲料は高価だが「清潔な飲料水」として田舎町でも売られています。
 マラウイは内戦中の隣国から難民を受け入れていましたが、キャンプには援助物資があふれ、そこの子どもは丸まると太っていました。物資は横流しされて市場に出回り、農業など国内産業を圧迫していました。
 欧米の先進国は確かに国策として貧困国に手厚い物的人的援助を展開しています。だが一方でコーラ飲料に代表される「金もうけ」の仕組みを世界の隅々まで行き渡らせ、貧困を生み出す構造を確立しています。
http://nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/topics/20080827/20080827_0001.shtml
 筆者は、帝国主義と植民地政策でアフリカの国々を搾取した、現在の先進国が、援助という名目で貧しい国の経済などの自立を削ぎ、自国の消費市場化している現実を訴えています。搾取は今も昔も変わらない。その最たるのが貧しい国を武器市場としたことです。昔は素手やせいぜい槍などで争っていた人々に銃などの兵器を売りまくる先進国、その国々が国連安全保障理事会常任理事国です。ニコラスケイジ主演の「ロード・オブ・ウォー」という映画の中で、世界最大の武器商人はアメリカ大統領だといった台詞がありましたがそれは事実でしょう。
 為政者は援助の裏の利益を考えますが、海外青年協力隊などの現場の若い人々は献身的な働きをされています。しかし現状を知る彼らのやり場の無い憤りもこの本の中には書かれています。
 この本の後半はラオスでのポリオ根絶に参画した話です。ここでは病気の根絶という同じ目的があるのに、その手段をめぐってWHOとユニセフの官僚たちの対立する様も書かれています。またポリオの次の「はしか」の撲滅対策をめぐっては、ポリオワクチンは飲む薬ですが、麻しんのワクチンは注射液なので、使った後の注射器の処理の問題を提起しています。貧しい国では一度使った注射器が他の目的で使われる恐れもあり、そこから血液感染の危険性が生まれます。それを防ぐためには注射器は再利用のできないタイプになっています。しかし今度はそれを医療廃棄物として処理する手段を貧しい国は持っていません。地中に埋めればよいとも言っていますが、後年それが事故の原因になる可能性は十分あります。
 筆者がこの本を書いた思いは「あとがき」の中に書かれているようです。筆者は子どもの頃にみた黒澤明の「赤ひげ」に感動しました。「赤ひげ」は病を生む諸悪の根源は「貧困と無知だ」といい切ります。貧富の差なく医療を行いたいという思いが筆者を海外青年協力隊やポリオ根絶活動に向かわせました。ところが国際社会は貧困削減を政策とするが、その支援は途上国の社会的弱者には届かず、むしろ貧富の格差が広がっていることを知ります。それは支援の政策決定を行うのが、市場原理主義を推し進め、弱者を切り捨てざるをえなくなったアメリカだからだと言い切っています。
 アメリカは先進国の中で唯一公的な保険制度の無い国です。五千万人近くが保険に入れず、お金を払えない患者は病院から追い出されます。主治医ではなく利益最優先の民間保険会社が患者の治療の必要可否を決めてしまいます。このあたりはマイケル・ムーア監督の「シッコ SiCKO」に現状が描かれています。 http://sicko.gyao.jp/
 筆者は言い続けます。自国の弱者を見捨てる国が、どうして世界の途上国の人々の健康を守ることができるのだろう。世界の保健分野に多大な資金供与を行っている世界銀行の歴代総裁はすべてアメリカ人で、IMFのトップはすべてヨーロッパ人である。欧米のエリートとそれを取り巻く金持ちと多国籍企業によって世界は不平等に構造化されている。
 この点については、世界銀行の総裁は米国、IMFの専務理事は欧州、副専務は米国というのは伝統的、暗黙の了解です。世界銀行とIMFへの出資額は1位がアメリカです。IMFの議決権は出資額の応じるため、途上国の意思は反映されません。

最後に「あとがき」の末文を引用します。
 僕もこの本の中で「貧困削減」という美しいレトリックの背景にあるものをささやいてみた、日本人の心には「赤ひげ」の単純なヒューマニズムが宿っている。欧米の声に流されるのではなく、自分の言葉で語ることができるはずだ。

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

病院の言葉

私のクリニックで診察を受ける患者さんは、私の説明をどれくらい分かってもらえているのでしょうか。
患者さんの顔を確かめながら病気の説明をしても、いつもどうかなと思ってしまいます。
医師の話には専門用語が多く、また医療界独自の言葉の言い回しもありわかりにくくなっています。
そこで、とうとう公的研究機関がこの問題に取り組み始めました。
10月21日に独立行政法人国立国語研究所が「病院の言葉」を分かりやすくするための提案を発表しました。
http://www.kokken.go.jp/byoin/
まず医師へのアンケートなどで約2万語を集めて、その中から患者さんが正確に意味を把握したほうがよいと思われる57語を選びました。
具体的には
「別の言葉に言い換えるべき」言葉として誤嚥、浸潤、寛解、重篤などの13語。
「補足説明すべき」言葉として頓服、合併症、ショックなどの35語。
「新しい概念として普及させるべき」言葉としてセカンドオピニオン、プライマリーケア9語を選びました。
それぞれの言葉がどのように誤解される可能性があるかや、最低限説明すべきことなどをの用例を示しました。
「頓服」は痛み止めの薬や解熱剤そのもと思い込んでいる人も多いようです。本当は、「決まった時間でなく、症状に合わせて必要なときに飲むこと」です。ちなみに「解熱剤」を「かいねつざい」と読んでしまう人もいます。
「ショック」は急な刺激ではなく「血液の循環がうまくいかず、脳や臓器が酸素不足となる危険な状態」です。
「貧血」は「立ちくらみ」ではなく「血液の赤血球が少なくなった状態」をいいます。
杉戸清樹国語研究所長は「医師らは患者に説明する際、言葉の意味が正しく伝わっているか立ち止まる姿勢をもってほしい」と話していました。
私もその通りだと思います。よく病気の説明のリーフレットをみますが、その内容は医療関係者は理解できても一般の人にはどれだけ理解してもらえるかと疑問に思えるものがほとんどです。医師がどんなに噛み砕いて説明したつもりでも、それはあくまでも医師の思考範囲の言葉なのです。一般の人にはわかってもらえません。
私はクリニックのリーフレットを作ったらまず、医療知識のない人に読んでもらいます。すると大概、意味がわからないという答えが返ってきます。それで数回の見直しをしてもらってから初めて患者さん渡せる内容になります。
国語研究所は来春「病院の言葉の手引き」(仮称)を出版の予定です。

| | コメント (0)

2006年4月29日 (土)

細菌性髄膜炎を予防するワクチン

髄膜炎は脳をおおう髄膜に細菌やウイルスが感染しておこる病気です。細菌による髄膜炎は重症になりやすく亡くなったり重度の後遺症が残ることもあります。細菌性髄膜炎の6割以上はインフルエンザ菌(インフルエンザウイルスとは別)が原因です。世界のほとんどの国がこの菌に対するワクチンをこどもに接種しています。米国ではワクチン導入後はインフルエンザ菌髄膜炎はみられなくなりました。ところが北朝鮮や日本などのワクチン後進国ではまだ導入されていません。読売新聞にこのワクチンの記事がありました。アドレスは次頁に記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細菌性髄膜炎を予防するワクチン

読売新聞の記事のアドレスは以下の通りです。
髄膜炎ワクチン(上)先進国で唯一 未承認
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060417ik01.htm
髄膜炎ワクチン(中)抗生物質が効かない菌も
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060418ik01.htm
髄膜炎ワクチン(下)承認へ迅速審査が急務
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060419ik01.htm
髄膜炎から乳幼児守れ、ワクチン導入を学会訴え
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060325ik03.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

黄砂と喘息

3月末から4月にかけて喘息発作をおこす患者さんが多くなります。季節の変わり目だから発作がでやすくなるのでしょうか。ところが黄砂が飛ぶと発作が出やすいというかたもいらっしゃいます。黄砂と呼吸器疾患の研究は中国や韓国では多いようですが、日本でも黄砂粒子がアレルゲンと一緒に存在すると喘息やアレルギー性鼻炎が悪化するという研究報告があります。黄砂も喘息発作の一因でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧