« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

インフルエンザ

インフルエンザ
 インフルエンザは例年なら1月中旬から本格的な流行が始まりますが、今シーズンは昨年12月中旬から患者さんが増えだし、1月中旬からは近年にない大流行になりました。糸島地区では患者数のピークは1月15日の週でした。私のクリニックの経験では、今回の流行は2009年の新型インフルエンザより瞬間的には患者数が多いようです。
 なぜ今冬はこんなにも患者数が多くなったのでしょうか。メディアはA型とB型が同時に流行したためだと言っています。しかし私はそれだけではないように思います。これから先の話は正確な統計や検証をしたものではなく、あくまで私が毎日の診療から類推したものだということをお断りしておきます。。
 大流行の第一はワクチンの問題です。今年度は予防効果が期待されて採用したA型の香港型ウイルスの株が、ワクチンの製造過程でうまくできないことがワクチンをつくり始めた後からわかって、香港型ウイルス株の出来は3割しかないことが判明しました。そのため香港型のワクチン株を昨シーズンの株に戻して再生産しなおしたため、ワクチンの製造が大幅に遅れて、結果的にはワクチン不足を招きました。メディアではワクチン接種が始まる10月から11月は不足が大きいが12月以降は改善していったといっていました。しかし臨床の現場では、国民が接種を求める10月11月にワクチンが無かったため、接種率が20から30%は落ちたのではないかと思います。その結果例年に比べてインフルエンザに対する予防の準備ができていませんでした。
 また昨シーズンの香港型のワクチン株の予防効果は低いことが判明していて、1割しかないという報告もあります。今シーズンもA型は以前のソ連型で2009年の新型インフルエンザの型と香港型の2つの型の流行が例年通りあります。今年はワクチンを接種していてもA香港型の予防は期待薄です。
 第二は昨シーズンにB型インフルエンザの患者数が少なかったことです。公式のサーベイランスでは昨年はB型が明らかに少なかったとは言っていません。しかし私の印象では例年B型が流行する2月から3月のB型は昨年は明らかに少なかったように思います。そのためB型に対する免疫が弱くなっていたかもしれません。もしかしたらこれが例年になく早くからB型が流行し始めた理由かもしれません。
 第三には、昨年10月のブログでも書いたように、昨年、私はインフルエンザを夏も秋も診ていました。毎月少なくとも2人の患者さんを診ていました。平均すれば1週間に0.5人弱のインフルエンザの患者さんを診ました。1つの診療所で1週間の患者数が1人以上出たら流行が始まったと考えます。私の診療所でも見つかるくらいの頻度でインフルエンザが1年を通して広く世間に存在していたと思います。
 インフルエンザは例年は5月初めまでの大型連休まで診られます。まだまだ気を付けてください。
 
 さてインフルエンザの診療をしていて、患者さんとの話ででてくるQ&Aについて書いてみました。
Q:熱がないインフルエンザはありますか?
A:あります。しかし熱が無くても、身体がダルイ感じがあり周囲にインフルエンザの患者さんがいたらインフルエンザの可能性があります。
Q:熱が高いのに、喉が赤くないことがありますが。
A:インフルエンザの患者さんの喉は赤くないが多いようです。喉の赤みと熱は関係ありません。
Q:発病24時間たって検査をしたのに陽性反応がでないことがありますか。
A:あります。迅速検査には限界があります。陰性の場合、インフルエンザなのに陰性なのか、症状は似ているが異なる病気なのかの診断は慎重にしないといけません。思い込みの診断は要注意です。
Q:インフルエンザと似た症状の病気にはどのようなのがありますか。
A:乳幼児ならRSウイルス感染です。昨シーズンは小学生のヒトメタニューモウイルス感染でインフルエンザ様の症状の患者さんをよく診ました。高熱と咳が主ならマイコプラズマ感染症も疑います。高熱と倦怠感が主な場合は小学生なら溶連菌は鑑別しなくてはいけません。
Q:1シーズンにA型インフルエンザに2回なりますか。
A:ヒトで流行するA型には2つのグループがあるので1シーズンに2回なることもあります。
Q:A型とB型の同時感染がありますか。
A:あります。インフルエンザという同じ名前でも全く別の種類のウイルスです。
Q:インフルエンザと他の病気の同時感染がありますか。
A:あります。よく経験するのがインフルエンザと溶連菌の同時感染です。この2つの病気は治療薬が異なりますから、注意深い診断が必要です。
Q:タミフルを内服したり、リレンザやイナビルを吸引しても熱が下がらないことがありますか。
A:あります。適切に発病24時間以内に開始しても、特にB型では薬が効かないことがあります。
Q:もうすぐ新しいインフルエンザの薬がでるとききました。
A:塩野義製薬が「ゾフルーザ」という名前の新しいインフルエンザの薬を5月にも発売予定です。薬の作用が今までの抗インフルエンザ薬と異なり、1回の内服で終わります。小児にも適応があるようです。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »