« 世界の果ての通学路 | トップページ | 乳児の睡り »

2017年8月30日 (水)

この夏は

 昨年の夏は手足口病が少なかったのですが、今年は例年並みに流行しました。そして手足口病の数週間後に指先から皮がむけたり、爪が剥がれる子どもさんたちをよく診ました。爪が剥がれることを爪甲脱落症といいます。爪甲脱落症の手足口病は2011年に初めて流行しました。
 手足口病の原因となるウイルスは、エンテロウイルスというグループですが、そのグループには、エンテロウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなどがいます。それぞれのウイルスはさらに型分類があって番号が付けられています。
 爪甲脱落症を引き起こすのは、コクサッキーウイルスA6(CVA6)です。手足口病による爪甲脱落症の場合、特別な治療は必要ありません。たとえ爪が剥がれても約1か月で元に戻ります。
 夏はバーベキューで生焼けの肉を食べて細菌性腸炎になる子が増えますが、今年の夏は、ウイルス性胃腸炎を例年より多く診ました。
 そしてインフルエンザを夏の間、8月末まで診ました。例年、インフルエンザは大型連休が終わると診なくなりますが、今年は違いました。
 8月になると例年のようにRSウイルス感染が診られました。月末にはかなりの流行になりました。RSウイルス感染は乳児では肺炎になり入院加療か必要になることもあります。小児では最も注意が必要な感染症の一つです。
 ところで8月に防衛大学校の学生寮に入っていた10代の男子学生が髄膜炎菌による感染症で死亡したと報道がありました。髄膜炎菌に感染しても症状のない人もいますが、いったん発病すると症状は激烈で死に至ることもあります。10代の共同生活で感染するリスクが高いとも言われています。2011年には宮崎県小林市の高校寮内での髄膜炎菌集団感染事例が発生し1人が亡くなりました。私も以前このブログで取り上げたことがあります。髄膜炎菌に対してはワクチンがあります。任意接種、いわゆる自費のワクチンになります。最近二十歳前の青年で髄膜炎菌ワクチンの接種希望者がよくあります。主に警察学校の寮に入る人たちのようです。子どもたちにも髄膜炎菌ワクチンの接種が広まれば良いと思いますが、まだまだ一般の人々への認知度は低く、また価格が高いのがネックになっています。髄膜炎菌ワクチンは特定の医療機関でした接種できません。当院では接種できます。

|

« 世界の果ての通学路 | トップページ | 乳児の睡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の果ての通学路 | トップページ | 乳児の睡り »