« 2017年4月 | トップページ

2017年5月30日 (火)

赤ちゃんポスト

 平成19年5月10日に熊本市の慈恵病院で始まった「こうのとりゆりかご」の事業、いわゆる「赤ちゃんポスト」から10年が経ちました。5月9日のNHKラジオ「先読み!夕方ニュース」では、慈恵病院理事長の蓮田太二さんが赤ちゃんポストの10年間の取り組みと、千葉経済大学 短期大学部・准教授の柏木恭典さんの海外の赤ちゃんポストの話がありました。
 日本では赤ちゃんポストは熊本に1か所しかありません。海外ではドイツでは約100か所、オーストリアで15か所、その他にはスイス、イタリア、チェコ、ポーランド、韓国にあります。ヨーロッパのキリスト教圏では中絶を良しとしない文化があるため、望まない妊娠に母親が悩む「妊娠葛藤」が強く、それに寄り添うため、またそのような妊婦へ光が当たるようになり赤ちゃんポストが広がったようです。
 そしてドイツでは赤ちゃんポストだけでは、自宅出産や車中出産を防ぐことはできないため、匿名出産が制度化されました。これは母親が自分の名前は言わなくてよいので出産のために病院に来てよいとする制度です。その結果赤ちゃんポストだけではできない母体の妊娠出産に伴う健康面のケアが可能になりました。
 また内密出産という制度もつくられました。これは16年間は母親の名前は伏せるが、その後に子どもが自分の出自を知りたくなったら母親の名を開示する制度です。母の匿名性と子の出自を知る権利のために考え出されたようです。
 海外では赤ちゃんポスト、匿名出産、内密出産が国会で議論し国の制度として作られています。
 どうしても望まぬ出産は防げません。その時に赤ちゃんと母親に寄り添い手助け助けするために、赤ちゃんポストが生まれ、匿名出産や内密出産の制度がつくられました。日本でも世間の理解と前向きな議論が進むことが望まれます。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ