« 新しい減感作療法 | トップページ | 再び包茎について »

2016年8月 2日 (火)

今年の夏は

 この夏は、夏風邪の代表である手足口病とヘルパンギーナが全くと言っていいほど診られません。大流行した昨年の反動でしょうか。そのかわり例年になく胃腸炎、いわゆる嘔吐下痢が多く診られます。夏の終わりから秋の初めに多いRSウイルス感染は、今年は夏の初めから小規模な流行があります。今年の夏の感染症の流行は例年と異なるようです。

|

« 新しい減感作療法 | トップページ | 再び包茎について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい減感作療法 | トップページ | 再び包茎について »