« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月28日 (火)

新しい減感作療法

 6月にアレルギー学会に行ってきました。新しい話題が多く聞けましたが、その中で驚いたのが「経皮的免疫寛容療法」でした。
 最近は食物アレルギーの成り立ちとして、まずは皮膚に食物の蛋白質が付いて、そこでアレルギー感作という免疫反応の準備ができて、その後にその食物が口から入ると蕁麻疹などのアレルギー症状が出ると考えられるようになってきました。そのため皮膚でアレルギー感作を起こさせないことが大事になります。
 また最近はスギやダニが原因のアレルギー性鼻炎の治療として、舌下免疫療法がはじまりました。これはスギなどのアレルギーを引き起こす抗原を少しずつ舌下から吸収させて、体に慣れさせてアレルギー反応を起こりにくくする治療です。免疫寛容療法とひとつです。
 食物アレルギーでも、たとえば牛乳アレルギーなら、今までは牛乳を飲むを避けてアレルギーが起きないようにしていたのを、わざと牛乳を飲ませて、免疫に寛容状態を引き起こして治療する「経口免疫療法」が専門施設では取り組まれています。
 ところで米国ではブタクサの花粉症の治療で、ブタクサの抗原をテープにしみこませて、そのテープを皮膚に貼って減感作療法を行う「経皮的免疫寛容療法」が始まったそうです。
 皮膚に抗原を貼ったら、そこでアレルギー感作がおきて、花粉症がさらに悪化すると思われがちですが、逆に治療に使うそうです。
 どうしてそんなことが可能になるのでしょうか。ポイントは皮膚の状態です。
 アトピーや湿疹で荒れた皮膚にそのテープを貼ったらアレルギー感作が起きて症状は悪化します。しかし健康な皮膚に貼ったら免疫寛容で減感作療法になるそうです。
 もう一度確認しておかないといけないのは、食物アレルギーなどが最初に皮膚で感作されるのは、皮膚が荒れている人です。皮膚が荒れていると、免疫反応を起こす細胞が表面に出てきていてアレルギーの原因になる抗原と接触しやすくなります。だから皮膚を健康に保つことがアレルギーの予防に重要になります。さらには健康な皮膚は減感作療法にも使えるようになるのです。
 これからも免疫寛容をつかった減感作療法は発展していくでしょう。詳細は省きますが「アレルゲンペプチド療法」「DNAワクチン療法」など研究が進んでいます。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »