« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月25日 (月)

B型肝炎ワクチン

 昨年までは、B型肝炎ワクチンが今年の4月から0歳時に対して定期接種になると言われていました。ところが国内のB型肝炎ワクチンの約80%のシェアをもつ化血研の事件で、ワクチンの市場への供給ができなくなり、定期接種化は10月になりそうです。
 ところでB型肝炎ウイルスにはいろいろなタイプがあって、遺伝子型(ジェノタイプ)が異なります。8タイプあり、発見された順番にアルファベットのA、B、C・・・と名付けられています。日本ではジェノタイプCが多く次がBです。欧州ではジェノタイプAとDが多くみられています。米国では多種混合のようです。そのため日本以外の国で接種されているB型肝炎ワクチンはジェノタイプAのウイルスを基につくられています。日本のワクチンはジェノタイプCのウイルスを基につくられています。そしてこのジェノタイプCのワクチンは日本だけで販売されています。
 化血研が5月6日まで営業停止処分となっているため、ジェノタイプCのB型肝炎ワクチンは診療所や病院は入手できません。化血研の血液製剤やワクチンなど計35品目のうち、代替品がない27製品は医療現場への影響が大きいとして処分期間中も出荷が認められたと報道されていますが、実際は医療機関への納入はできないようになっています。米国に本社をもつ製薬会社MSDのジェノタイプAのB型肝炎ワクチンはわずかですが入手が可能になっています。
 ところでジェノタイプCのB型肝炎ワクチンを接種したら、ジェノタイプAのB型肝炎は防御できるのでしょうか。この問題については研究と治験の結果が出ていて、ジェノタイプCのB型肝炎ワクチンでも、ジェノタイプAのB型肝炎は防御できるとされています。またジェノタイプAのB型肝炎ワクチンでも、ジェノタイプCのB型肝炎は防御できます。
 ではB型肝炎ワクチンは計3回接種しますが、最初の1ないし2回をジェノタイプCのワクチンで接種した後で、残りの回数をジェノタイプAのワクチンで接種をしたら、B型肝炎は防御できるのでしょうか。ジェノタイプCのB型肝炎ワクチンは日本だけで発売されているので、ジェノタイプの異なるB型肝炎ワクチンの混合接種の効果をみた研究は世界的にはありません。日本でおこなわれたジェノタイプの異なるB型肝炎ワクチンの混合接種の研究では、B型肝炎のHBs抗体が十分にできるので、感染防御できるとしています。しかし症例数が10例以下の学会発表です。
 B型肝炎ワクチンは1回目から約4週間後に2回目を接種し、初回接種から約6か月後に3回目を接種するのが理想です。しかし接種間隔が数か月あいても問題はありません。3回目の接種に関しては初回接種から6か月よりは12か月までの方が免疫の効果がよいとう研究もあるくらいですから。日本固有のジェノタイプCのB型肝炎ワクチンの接種が途中のかたは、ワクチンの供給が改善する5月以降まで待って、接種を再開されても大丈夫です。無理をして欧米のジェノタイプAのB型肝炎ワクチンと混合接種をしなくてもよいのではないかと思います。

 この記事を書いたあと、1月29日に厚労省は化血研のB型肝炎ワクチンの出荷停止を解除しました。ワクチン不足はなくなりました。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »