« ノロウイルス検査について | トップページ | 加湿器肺炎 »

2013年12月31日 (火)

2013年を振り返って

 毎年書いていますが、肺炎球菌ワクチンやヒブワクチンのおかげで細菌感染の子どもが極端に少なくなりました。しかし今までの肺炎球菌ワクチンは、約80種類の型がある肺炎球菌のうち、病原菌としての頻度の多い7種類の型に対するワクチンでいた。たしかに7種類の型の肺炎球菌の感染はなくなってきましたが、最近は残りの型の肺炎球菌感染が今まで以上に見られるようになってきました。しかし11月から13種類の型に対するワクチンの接種がはじまり、残りの6種類の型の肺炎球菌感染もまた減ってくるもとと思われます。
 来年秋ごろからは。水痘ワクチンも定期接種になります。近い将来、水ぼうそうはほとんど見ることができない病気になってしまうでしょう。小児科医としては、髄膜炎や難聴の合併症がある、おたふくかぜワクチンの定期接種化を強く望むところですが、見送りになったようです。非常にまれにおこるワクチンによる髄膜炎の副反応のために見送りになったのかもしれません。
 今年の出来事で残念だったのは、子宮頸がんワクチンの積極的勧奨が中止になったことです。接種を勧めることが中止になったことだけでなく、それに至る経過で、客観的な資料に基づく冷静な議論がなったことが残念でした。いつものことながら、マスメディアのセンセーショナルな報道、というよりは、もうプロパガンダといってもよい報道が、国民に冷静な判断材料を提供できなくしてしまいました。この代償は、10年後20年後に、ワクチンを接種していれば避けることができた、子宮頸がんという病気で亡くなったり、苦しんだりする多くの若い女性たちを救えないという結果で現れるはずです。
 来年、再来年、これから先、少しずつでも子ども達や保護者の方々の意識改革が進むように、私も微力ながら力を尽くしていきます。

|

« ノロウイルス検査について | トップページ | 加湿器肺炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノロウイルス検査について | トップページ | 加湿器肺炎 »