« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

熱中症予防の情報

6月から気象庁が熱中症への注意を呼びかける情報を発表します。

「高温注意情報」
 翌日又は当日の最高気温が概ね35℃以上になることが予想される場合に、「高温注意情報」を発表します。
 また、高温注意情報の発表とあわせ、気象庁ホームページに主な地点の気温予測グラフを掲載し、熱中症への注意を呼びかけます。

「高温に関する気象情報」
 向こう1 週間で最高気温が概ね35℃以上になることが予想される場合に、数日前から「高温に関する気象情報」を発表します。

「高温に関する異常天候早期警戒情報」
 5 日~14 日後を対象として、7 日間平均気温が平年よりかなり高い場合に発表される「高温に関する異常天候早期警戒情報」において、7 日平均気温が28℃を超える確率が30%以上と予想される場合に、熱中症に対する注意を呼びかけます。

 また気象庁のホームページには「熱中症に注意 熱中症ポータルサイト」がもうけられました。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html

「WBGT:暑さ指数」
 熱中症予防のための指標としてWBGT(Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)というものがあります。これは、自然湿球温、黒球温、気温から計算される値です。
 WBGTで31℃以上は、運動は原則中止です。28℃から31℃までなら、激しい運動は中止となります。大まかにはWBGTの28℃は気温なら33℃から34℃になります。
 環境省はWBGTを「暑さ指数」と呼び、毎年6月から「熱中症予防情報サイト」で全国各地の予報値や測定結果を公表しています。
http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/index.html

 いずれの情報も外出や運動時の参考にするとよいです。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »