« 新しい技術 | トップページ | ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが再開 »

2011年2月28日 (月)

2月は

 2月は月初めは1月からの寒さが続いて、インフルエンザA型も多く診られました。糸島市は特に患者数が多かったようです。今年は寒く、例年ならあまり診られない「しもやけ」を多く診ました。今年の冬は寒かったですね。2月も中旬からはインフルエンザA型も減ってきましたが、下旬からはB型が診られるようになりました。3月まではインフルエンザは要注意です。そして2月の最後になってロタウイルスによる嘔吐下痢が診られるようになりました。嘔吐下痢の中でもロタウイルスによるものは、症状がきつく、高熱もあり、まれに痙攣をおこします。例年ゴールデンウイークまでは冬の病気が続くようです。注意しましょう。

|

« 新しい技術 | トップページ | ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しい技術 | トップページ | ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが再開 »