« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月15日 (日)

乳児のスキンケア

 新生児は2ヶ月くらいまでは男性ホルモンの影響で皮脂腺の活動が活発です。そのため顔には赤ちゃんにきび(新生児ざ瘡)が、頭には脂漏性湿疹ができやすくなります。男性ホルモンが原因ですから、男児がよくなりますが女児でもなります。この場合は低刺激性の石けんを使ったスキンケアが重要です。スキンケアで少なくとも皮膚症状のそれ以上の悪化は防げます。ただし頭のスキンケアは石けんではなくシャンプーを勧めます。頭に石けんを使うとスカムができて、これが毛あなの入り口に付着してかえってよくないことがあります。スカムとは石けんと水道水が反応してできる「あく」みたいなものです。石けんを使った後の洗面器に浮かんでいる白いかすのようなものがスカムです。赤ちゃんも頭はシャンプーで洗ってください。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »