« インフルエンザと異常言動・行動 | トップページ | インフルエンザウイルス »

2007年2月14日 (水)

タミフルがインフルエンザを広める?

 インフルエンザが急に増えてきました。タミフルを内服すると2日以内に熱が下がります。しかしタミフルはインフルエンザウイルスを直接殺す薬ではありません。ウイルスが増えるのを抑えているだけです。熱が下がってもウイルスは体の中にたくさんいます。解熱後すぐに登園すると他の人にうつしてしまいます。熱が下がっても3日は家で安静にしてください。タミフルは個人の症状を軽くしてくれますが、解熱後治ったと勘違いしてすぐに登園、登校、出勤する人がいる限りインフルエンザはどんどん広まります。(2006年1月15日 の再掲)
  これについては、2006年2月1日に放送されたNHKの「ためしてガッテン」でも指摘されています。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q1/20060201.html

|

« インフルエンザと異常言動・行動 | トップページ | インフルエンザウイルス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インフルエンザと異常言動・行動 | トップページ | インフルエンザウイルス »