« 細菌性髄膜炎、日本もワクチン承認へ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006年12月31日 (日)

テオドールの話題

 テオフィリン(テオドール等)は喘息の治療薬として20年以上の歴史があり、日本では80%以上の喘息患者に使用されています。最近は喘息予防の新しい作用機序も見つかり再評価されている薬です。しかし薬の血中濃度が高くなると気分が悪くなったり、頭痛がしたり、ひどい時はけいれんを引き起こすことが以前から指摘されていました。これを”テオフィリン関連けいれん”ということがあります。そのため特に小児に対して処方するときには細心の注意をして薬の量を決めています。最近、テオフィリンの使用中に神経学的な合併症の認められる症例が特に非専門施設を中心に報告されました。テオフィリンはけいれんを引き起こすから使用すべきでないとの意見がでて、そのことをマスコミが大きく報道しました。その結果こどもの喘息治療の現場で混乱がでてきました。そこで「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン」を作っている日本小児アレルギー学会が喘息の薬の適正使用ガイドライン及びその根拠を2006年3月に発表しました(これは厚生労働省の研究になります)。
 その中で2歳未満の乳幼児について、喘息を発症しないようにコントロールするための薬としてテオフィリンを投与する際に考慮することとして、
・テオフィリンは喘息発作が週1回以上ある患者に考慮する追加治療のひとつである(このレベルの主な治療はステロイド吸入です)
・ 6 カ月未満の児は原則として投与しない
・ 6カ月以上でも、てんかんや熱性けいれんなどのけいれん性疾患がある児には投与しない
・ けいれん性疾患の家族歴を有する児への投与は注意が必要である
・ 発熱出現時には、一時減量あるいは中止するのかをあらかじめ指導しておくことが望ましい
・ テオフィリンの血中濃度を上げる薬との併用に十分注意する
などです。
 テオフィリン関連けいれんは5歳以下に発症することが多いといわれています。2歳から5歳までは小児喘息の治療に精通した医師の下での投与が望ましいとされています。専門家も乳幼児へのテオフィリンの投与を禁止しているわけではありません。けいれん等の副反応がおきないように治療に精通した医師が投与することは問題ありません。
 テオフィリンは喘息の長期管理薬として有用です。吸入ステロイドでコントロールが困難なとき、ステロイドの増量よりはテオフィリンの併用が効果が高いとする研究もあります。テオフィリン服用中の小児のけいれん出現率は内服していない児におけるけいれんの出現率と差がないとする研究結果もあります。
 私は一部の意見で良薬を闇に葬ってはいけないと考えます。テオフィリン関連けいれんについては今後の研究結果を待って判断する必要があると思います。
 今日は2006年最後の「本日の独り言」です。みなさん良い年をお迎えください。

|

« 細菌性髄膜炎、日本もワクチン承認へ | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 細菌性髄膜炎、日本もワクチン承認へ | トップページ | あけましておめでとうございます »