« 母乳とくすり | トップページ | 人口ボーナス »

2006年6月 9日 (金)

「おしごと体験型」のテーマパーク

今秋、東京江東区の豊洲に、子どもが「働くことの面白さ」を学べる「おしごと体験型」のテーマパークがオープンします。メキシコでうまれたテーマパークが世界進出してきました。パークの中には街がつくられていて、様々な仕事を擬似体験でき、働いた分の給与が模擬紙幣で払われるようです。それぞれの職場には現実の企業がスポンサーでつきますから、将来の社員や顧客を捕まえようとする企業の思惑も少しは見えるようです。昔は素朴ながらも自分たちで想像しながら○○ごっこで遊んでいた子どもは、今は立派に状況設定されたテーマパークで○○ごっこの時代になりました。ニートが社会問題になる今、子どものときから仕事をすることの面白さを学ぶことは大事ですが、あまりにも用意されすぎはどうなのかとも思います。

|

« 母乳とくすり | トップページ | 人口ボーナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母乳とくすり | トップページ | 人口ボーナス »