« 本日の独り言 | トップページ | 母乳とくすり »

2006年5月22日 (月)

パッチでワクチン接種

5月22日の日本経済新聞に国立感染症研究所が皮膚にパッチを貼ってワクチンを接種する方法を開発しているという記事がありました。破傷風ワクチンの成分を含んだパッチをマウスの皮膚に長時間貼ったところ「抗体」ができて、そのマウスに破傷風の毒素を注射しても発症しなかったそうです。人間への応用はまだです。人の皮膚は厚く吸収が難しく課題も多いようです。しかし将来はワクチンは注射ではなくホクナリンテープのようなシールやパッチを皮膚に貼るだけでよいという時代が来るのでしょうか。

|

« 本日の独り言 | トップページ | 母乳とくすり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の独り言 | トップページ | 母乳とくすり »