« パッチでワクチン接種 | トップページ | 「おしごと体験型」のテーマパーク »

2006年5月30日 (火)

母乳とくすり

授乳中のお母さんが風邪をひいたり病気になったとき、ほとんどの医師は「授乳中だから薬は出せない」と言います。しかしこれは根拠のない話です。確かに授乳中の母親が薬を飲んむと母乳中に薬が出てきますが、それを飲んだ赤ちゃんが薬の副作用などの影響をうけることは、風邪薬を初めとして多く薬ではありません。アメリカ小児科学会やWHOでは授乳中の薬のガイドラインを出しています。それには抗がん剤、免疫抑制剤、放射線医薬品などの特殊な薬を除いた多くの薬剤で授乳可能としています。細かい注意は必要ですが授乳中の母親にも薬は出せますし、やはりお母さんも早く育児が充分できるように体調をよくしてあげることが大事と思います。

|

« パッチでワクチン接種 | トップページ | 「おしごと体験型」のテーマパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パッチでワクチン接種 | トップページ | 「おしごと体験型」のテーマパーク »