« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

ためしてガッテン2月1日放送

2月1日(水)NHk総合テレビ20時00分~20時43分のためしてガッテンは「警告!インフルエンザ誤解と新常識」です。以下はNHKのホームページから
突然38℃以上の高熱に襲われるだけでなく、頭痛・関節痛を発症、命を落とすこともあるインフルエンザ。治療の決め手は早期診断と48時間以内の服薬。しかし、最近になって、高熱がでないためにインフルエンザだと気づかないケースや、薬の効果を過信したために周囲に感染を拡げてしまうことがあるとわかってきた。ウイルス感染の最新メカニズムを解き明かしつつ、抗インフルエンザ薬の落とし穴や、感染拡大を防ぐ方法について、ガッテンならではの手法で迫る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

タミフルがインフルエンザを広める?

インフルエンザが急に増えてきました。タミフルを内服すると2日以内に熱が下がります。しかしタミフルはインフルエンザウイルスを直接殺す薬ではありません。ウイルスが増えるのを抑えているだけです。熱が下がってもウイルスは体の中にたくさんいます。解熱後すぐに登園すると他の人にうつしてしまいます。熱が下がっても3日は家で安静にしてください。タミフルは個人の症状を軽くしてくれますが、解熱後治ったと勘違いしてすぐに登園、登校、出勤する人がいる限りインフルエンザはどんどん広まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

あけましておめでとうございます

今日から新年の診療を始めました。熱と咳の患者さんが多く診られました。熱のお子さんはでは、インフルエンザ、アデノウイルス、RSウイルスなどのウイルス性の発熱がほとんどですが、中には細菌性の発熱のお子さんもいました。昨年末にも言いましたが問題が多いのは乳児のRSウイルス感染症です。高熱ならインフルエンザ検査をして出来るだけ早くタミフルを内服しないと心配な保護者の方も多いのですが、もっと注意しなければならない病気もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »