« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月31日 (金)

大晦日

本日の独り言は5月23日から書き始めました。毎日更新を心がけてきましたが冬になると時間が制限されて更新もまちまちになってしまいました。来年も毎日の診療で感じたこと、私が伝えたいと思うことを書き続けてゆきます。PC版ホームページの「院長独白」に「本日の独り言 2004 アーカイブ」を作りましたのでご覧ください。
どうぞよい年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

熱性けいれん 3

突然けいれんがおきたら誰もが大変驚きあわてます。救急車を呼ばれる保護者の方も多いようです。急患センターの小児の救急車来院のほとんどは初めての熱性けいれんです。初めてのけいれんに冷静な対処も求めるのは無理な話かもしれませんがお話します。まず舌を咬まないようにと口の中に物を入れてはいけません。舌を咬むことはありませんし、物を入れることで口の中を傷つけたり、呼吸がしにくくなったりします。 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

熱性けいれん 2

熱性けいれんには要注意のタイプ(複合型)とそうでないタイプ(単純型)があります。単純型は発症年齢が生後6ヵ月から6歳以内、発作の時間が20分以内、手足のけいれんに左右で差がない、短時間に何回もけいれんをおこさいなどの条件を満たすものをいいます。その他にも、家族にてんかんの人がいない、脳障害の原因となる病気がない、けいれんの後に意識障害がなく、明らかな神経障害がないなども条件です。その条件から一つでも外れると複合型です。専門医の診察と検査が必要なのは複合型のほうです。だか熱性けいれんのほとんどは単純型です。 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

インフルエンザワクチン

「乳幼児に対するインフルエンザワクチンの効果に関する研究」中間報告は、1~5歳の幼児ではインフルエンザワクチンを接種するとインフルエンザにかかるリスクは0.72倍になるが、1歳未満の有効性は明らかでなかった、と結論づけています。乳児のインフルエンザワクチンの効果はまだはっきりしないということです。1歳未満の乳児がいる家庭では乳児よりも保護者、特に家庭外での時間が長い父親のワクチン接種を勧めます。成人が家庭内へインフルエンザウイルスを持ち込むことはよくあることです。ぜひ考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 9日 (木)

嘔吐下痢症

嘔吐下痢症が急に増えてきました。症状はまず嘔吐です。腹痛とともに吐き始めます。この時、脱水を心配して水分を多くとらせようとすると返って嘔吐が強くなります。しばらく胃の中に何も入れないようにして、少し吐き気が落ち着いてから水分を50から100mlずつ、15分くらい間をあけて少しずつ飲ませます。嘔吐は1日だけのことがほとんどです。水分は乳児ならアクアライトがよいでしょう。スポーツ飲料は塩分が薄いのであまりよくありません。幼児以上ならお茶とともにスープや味噌汁の汁などをのませたらよいでしょう。下痢はその後から始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

インフルエンザ情報

12月に入りインターネット上でのインフルエンザ情報の発信が始まりました。ただしまだ流行の兆しもないようです。
感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/index-j.html
インフルエンザ流行レベルマップ
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/inf-keiho/index.html
日本医師会インフルエンザQ&A
http://www.med.or.jp/influenza/inqa_b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 6日 (月)

日本小児アレルギー学会 2

学会で最初に参加したのは、重症のアレルギー発作の時に自分で薬を注射する自己注射の講習会でした。この薬は日本ではハチ毒アレルギーにのみ注射が許可されています。学会では子どもに多い食物アレルギーにも適応を求めています。今日の新聞にも食物アレルギーの子どもをもつ保護者の8割が自己注射を望んでいると載っていました。重症のアレルギー発作では30分以内に注射をしなければなりません。病院までいく余裕はありません。今後、食物アレルギーに適応が認められることを期待します。厚労省は、患者に十分な指導ができる医師だけがこの薬を処方すると条件を付けています。私も自己注射薬の処方許可をとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

新・駐車場

クリニック裏の住宅街の中の駐車場に4台分の駐車場ができました。詳しくは窓口でお尋ねください。
クリニック敷地内の駐車場、笹山公園入り口横の第二駐車場、クリニック裏の新駐車場、前原駅南口のセイワパーク筑前前原駐車場の4箇所に駐車できます。ご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »