« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月30日 (木)

ピロリ菌の検査

某医療器具メーカーが胃潰瘍などの原因になるピロリ菌の有無を便を使って簡便に確かめることができる試薬を作りました。便を採って、試薬をしみこませた試験紙に垂らすと、10分程度でピロリ菌の有無が目視で判定できるようです。 今までは、ピロリ菌の検査は血液を採取したり、検査薬を服用したりして調べていました。専門の検査機関に出していたので結果が出るまでに時間がかかっていました。この製品は特別な検出装置がいらないので、小さなクリニックでも活用できます。患者負担も少なくなります。
子どもでもピロリ菌による胃潰瘍があります。さらにピロリ菌は慢性蕁麻疹やアレルギー性紫斑病の原因にもなるといわれます。小児科クリニックでも使えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月29日 (水)

舌小帯短縮症

舌の裏側と口腔の底をつなぐひだを舌小帯といいます。赤ちゃんの0.2~5%は舌小帯が短いといわれています。これを舌小帯短縮症といいます。以前はお乳が飲みにくいという理由で舌小帯を切られたことがりました。しかし舌小帯を切っても母乳栄養や乳を吸う運動を促進する効果は認められないとされ、現在は切る必要性を否定されています.例外として舌が口蓋に付かないためにおこる構音障害が高度な例は手術を行うことがまれにあります。以前、話題になった舌小帯短縮と呼吸障害や乳幼児突然死は関係ないことが現在は証明されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月28日 (火)

ハムスターアレルギー

ハムスターに咬まれた後で急激なアレルギー反応を起こし、最悪の場合は死亡する例が報告されています。ハムスターの毛、唾液、排泄物に含まれる蛋白質がアレルギーの原因になります。飼い始めてから数ヶ月から数年でアレルギー症状が出てきます。ハムスターを飼い始めて鼻水やくしゃみがよく出るようになったらハムスターアレルギーを検査してください。ハムスターに一度咬まれただけでは強いアレルギー症状はでません。何回も咬まれるとアレルギー症状は強くなり、まれにショック症状で喘息発作から呼吸困難となり最悪の場合は死亡することがあります。ハムスターを飼うときは、換気の悪い部屋で多数飼育をせずに、手洗いを充分に行い、咬まれないようにハムスターの習性を理解したうえで飼うようにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月27日 (月)

頭を打った 2

小さな子どもは頭でっかち、転落や転んだりしたら頭を打つことが多いです。すぐ泣いて、顔色も変わらず、泣き止んで遊びだしたらとりあえずは大丈夫です。しかし顔色が悪いままで元気がない。たんこぶでなく皮下血腫といってブヨブヨしたふくらみができて大きさが大きくなってきた。またはしばらくして2ー3回以上吐いたときは病院を受診してください。頭を打っても脳の中で出血することはまれです。脳と頭の骨の間に徐々に血液がたまってくることがまれにあります。だから頭を打ってすぐにCTを撮ってもわかりません。頭を強く打ってから3日間何もなかったらとりあえずは大丈夫です。まれに3週間ほどたってから始めて症状が出ることもあります。以上は7月23日の今日の独り言の補足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月24日 (金)

受診の時間帯

クリニックの上手な受診の仕方のひとつに受診時間を選ぶことが挙げられます。特に患者さんの数が多くなる冬場は混雑する時間帯は避けたほうが賢明です。例えば、朝の9時から10時までと11時から12時まで、午後の2時から3時30分までと夕方の4時30分から6時までは患者さんの数が多い時間帯です。余裕があれば10時から11時までの間と午後の3時30分から4時30分までの間に受診されることを勧めます。その時間帯ならお話もゆっくりできます。土曜日は9時から10時すぎまでは患者さんが多いのでご注意ください。また私のクリニックでは診察時間の予約ができますのでご活用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

タバコ誤飲

タバコの誤飲は2cmが目安です。2cm以下なら空吐きさせて様子をみます。ニコチン中毒の症状は嘔吐、頻脈、顔面蒼白です。2cm以上は受診してください。胃液の中ではニコチンが解け出にくいので、胃液を薄めないように、吐かせるときは何も飲ませせずに吐かせます。タバコが浸っている灰皿の水、特にタバコを消したジュースの空き缶の水にはニコチンが解け出ているので危険です。この場合はすぐに受診してください。乳幼児がいたら禁煙を心がけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月21日 (火)

わきアイス

子どもが熱をだしたとき、よく額に熱さましシートをつけて冷やしているのをみますが、これは解熱には効果がありません。熱を下げるためには皮膚の近くを走っている大きな動脈を冷やすのが効果的です。たとえば脇の下、股の近くのそけい部などです。ただしそのような場所は保冷剤などの固定が難しいです。保冷剤を入れた袋が脇の下に固定できるようにひもがついた「わきアイス」という製品がでました。関心があるの方は http://www.kenyuu.co.jp/products/waki_ice.htm
をご覧ください。当院にも現物があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月20日 (月)

きょうの健康 ぜんそく

NHK教育テレビで10月20日から23日まで、20時30分から20時45分のきょうの健康は「秋から要注意!ぜんそく発作」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月18日 (土)

2歳児からのしつけ

見たり聞いたりしたことがわかってきて、おしゃべりも一人前になってきたけど、すぐに怒ったり、泣いたり、意地をはったりで、親泣かせになってくるのが2歳児です。そんな2歳児のしつけは戸惑うことがたくさんあります。NHK出版の「すくすく」10月号にそんな2歳児のしかり方の記事が載っていました。放送は10月9日(土)21時から21時30分だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月17日 (金)

マルツエキス

赤ちゃんの便が硬くて出にくいときに飲むマルツエキスをご存知ですか。麦芽糖のゆるやかな発酵作用により、便がやわらかくなり排出しやすくなります。以前は薬局で買っていましたが、今は病院の処方箋でももらえます。マルツエキスは麦芽糖ですから薬剤というより食品で、水あめです。明治39年からあり、糖分なので乳幼児の発育不良時の栄養補給剤としても使えます。最近はスティックタイプの分包がでて使いやすくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月16日 (木)

熱性けいれん 2

熱性けいれんの70%は再発しません。そこで初回では私はけいれん予防の坐薬を処方していません。またけいれん予防の坐薬は8時間あけて2回使いますが、8時間後に解熱していても再び発熱することがありますので2回目は使用するよう言っています。高熱が続いていたら24時間以上あけて3回目の使用を可とする意見もありますが普通は必要ありません。
けいれん予防の坐薬と解熱剤の坐薬を両方使用したいときは、先にけいれん予防の坐薬を使用し、その後30分以上開けて解熱剤の坐薬を使用します。逆に使うとけいれん予防の坐薬の効果が落ちることがあります。
2回目のけいれんは2年以内におこることがほとんどです。抗けいれん薬での予防は、通常2年間もしくは4~5歳を目標に続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月15日 (水)

熱性けいれん 1

生後6ヵ月から6歳までの子どもは高熱が出たときにけいれんをおこすことがあります。ほとんどは熱性けいれんと言われるものです。熱性けいれんは子ども15人に1人の頻度でおこるもので、決してまれではありません。熱性けいれんにも種類がありますが一番多い単純型であれば、脳の発達に障害が起こることはまれです。熱性けいれんを起こした子どものうち70%は再発しませんが、30%の子どもは繰り返します。9%の子どもは3回以上繰り返します。予防接種は最終発作から2~3か月の間をおけば接種できます。ただ、早期の予防接種が必要な時にはこの期間以内でも実施できますのでご相談ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月13日 (月)

ニンジンペースト

8月23日のBRATで話したニンジンペーストについて追加します。
回数が減っているのに便が固まらない時には、ニンジンペーストを1日2回くらい、小さじ8-10杯くらい適当な味付けして食べさせます。ニンジンを輪切りにして30分お湯で煮てミキサーにかけたらニンジンペーストができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月10日 (金)

にがい抗生物質の飲み方 2

最近は苦味の器官をブロックしてお薬を飲めるようにした服薬補助ゼリーがあります。例えばチョコレート味の服薬補助ゼリーではオブラートのように薬を包み込んで飲めて、苦味やいやな臭いが口の中に広がらないようにできています。同じようなゼリータイプの服薬補助食品でも、酸性のものはかえって苦味が増しますから注意してください。チョコレートアイスやチョコレートのひとやまをレンジで溶かして薬を混ぜる方法もあります。しかし子どもがチョコレート味にやみつきになる可能性があるのが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 9日 (木)

にがい抗生物質の飲み方 1

先日、咳の菌に唯一効く抗生物質は苦いという話をしました。ではどうやってその薬を飲んだらよいのでしょうか。まずスポーツドリンクや甘酸っぱいフルーツジュースと一緒に飲んではいけません。これらはpH4以下の酸性飲料のため抗生物質の原薬が溶け出してますます苦味が増してしまいます。アイスクリームはよいようです。甘みと冷たさが苦味を薄めます。また牛乳、ミルクココアもよいです。これらは苦味を感じる器官に蓋をしたかたちになって苦味の情報を伝えなくします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 8日 (水)

赤ちゃんの口のまわりの湿疹

赤ちゃんの口のまわりには、唾液や食べ物がよくついてかぶれをおこしやすくなっています。口のまわりは皮膚を保護する脂分がすくないので乾燥しやすく、防御力も弱いためかぶれます。そこで唾液や食べ物が皮膚の中に侵入しないような予防のスキンケアと食べ物がついてしまった後のスキンケアが大事になります。食べ物がついたら水道水で洗い流すのが一番です。それかぬれた布でそっと拭くようにします。乾いた布、ティッシュペーパ、ウエットティシュは勧められません。拭いた後は乾燥しないようにワセリンなどで保湿します。ワセリンは皮膚を皮膜でコーティングしたかたちになり食べ物から皮膚を守ってくれます。湿疹の軟膏よりワセリンでせっせとコーティングするのが有効です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 7日 (火)

「誰も知らない」と「子どもが見えない」

8月から公開されている映画「誰も知らない」。でも主演の14歳の柳楽優弥がカンヌ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞したことで誰でも知っている映画になりました。母親から置き去りにされた4人の兄弟姉妹には戸籍がありません。学校にも行っていません。12歳の長男が幼い弟妹の面倒をみますがお金もそこをつき、限界の時、事件がおこります。これは実際にあった事件をモチーフにしていますが、母に捨てられた子どもたちがそれでも母を慕う姿、そして学校に行きたい思いを募らせる姿が痛々しく感じられました。かたや土日に放送されたNHKスペシャル「子どもが見えない」では普通の家庭の形をとっていて、親の愛情をウザイと嫌い、学校を嫌う子どもの声ばかり。皮肉なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 6日 (月)

赤ちゃんが泣く 夜泣き以前

乳児の夜泣きは普通は6ヵ月頃からはじまりますが、それ以前に激しく泣く子がいます。生後2週間から4ヵ月頃までの赤ちゃんでちょっとした刺激で激しく泣き、あやしても泣きやまないことがあります。これを英語でcolic、疝痛といいます。健康な児が1日のうち数時間、発作的に泣き続けます。夕方から夜に多く見られます。2ヵ月を過ぎると少なくなり4ヵ月頃にはなくなります。病気ではありません。しかし赤ちゃんが激しく泣くときは、お腹がすいてないか、おむつはぬれていないか、暑さ寒さは大丈夫か、痒いような湿疹はないか、熱はないか、服がきつくないか、周囲の音がうるさくないかなどはチェックしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 3日 (金)

にがい抗生物質

細菌が病気の原因で熱をだしたり、咳をしたりしたときには抗生物質を飲んで細菌を殺して病気を治します。抗生物質にはたくさんの種類があります。こども用の抗生物質は粉薬が多く、飲みやすいように味付けがされています。抗生物質はひとつの薬ですべての細菌を殺せるわけではありません。それぞれの薬で対応できる細菌が決まっています。こどもに咳を強く起こす細菌である、マイコプラズマ、クラミジア、百日咳には特別のグループの抗生物質しか効果がありません。残念ながらこのグループの薬はどれもとてもにがい薬ばかりです。多くのこどもが口にしただけで吐き出してしまいます。しかし咳の細菌にはこのにがい薬しか効きません。おいしいフルーツ味の抗生物質はまったく効果がありません。その点を理解していただいてこどもが飲んでくれるようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 2日 (木)

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

食物アレルギーの中でも特別の例として、ある特定の食物を食べた後、運動を行うと蕁麻疹や時には喘息など全身性のアレルギー症状(アナフィラキシー)を引き起こす例を、食物依存性運動誘発アナフィラキシーといいます。誘引となる食べ物で多いのは、小麦、エビ、イカ、カニ、ブドウ、ナッツなどです。この小麦アレルギーは普通のアレルギー検査の小麦の項目では陽性にでません。小麦の中のグルテンが原因です。抗グルテンRAST検査で調べないといけません。アレルギー検査も目的により検査項目を考えなければいけません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

アトピー性皮膚炎と蕁麻疹

先日、日本アレルギー学会の教育セミナーで聞いた話です。アトピー性皮膚炎の患者さんは蕁麻疹の症状がわかりにくいそうです。蕁麻疹は膨疹といって皮膚から膨らんで盛り上がる皮疹が特徴です。しかしアトピー性皮膚炎ではこの膨疹ができにくいようです。膨疹のかわりに小さな赤いブツブツの皮疹と痒みだけが症状としてでます。ですからアトピー性皮膚炎では蕁麻疹の診断は注意深く行わなくてはいけません。一般の蕁麻疹では皮膚の表面を強くなぞると赤い跡や、赤い盛り上がりの跡ができますが、アトピー性皮膚炎では白く抜ける跡ができることも特徴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »